ebook land 自力・自費出版サイト




お問い合わせ







Get Adobe Reader



ショッピングカートへ追加

タイトル インサイド 自衛隊(インサイドジエイタイ)
サブタイトル 若葉マークの指揮官たち(ワカバマークノシキカンタチ)
著者 神本光伸(カミモトミツノブ)
ジャンル 防衛 安全保障 国際貢献
キーワード 自衛隊、安全保障、防衛、ノンフィクション、実員指揮、統率、訓練、部隊運用、連隊
ページ数 360
出版社 eブックランド社
価格(税込み) 420 円
消費税 31 円
ブックID EBLS10092900
フォーマット PDF
著者プロフィール
防大軍事史研究部に所属しゼミで今村均陸軍大将から部隊精強化の本質を学ぶ。防大研究科卒業後中隊長着任を機に実戦的訓練を追求。予期せぬルワンダ難民救援隊長勤務だったが、的確な指揮により全員を安全に帰国させることができた。いつも実戦の心がけが重要と確信している。
要約
生身の自衛隊員の心のひだに迫り、その胸の内を赤裸々に描いたノンフィクション。著者は元自衛隊幹部で、厳しい訓練と実戦に明け暮れる自衛隊という組織と隊員たちの本当の姿を初めて明るみにしたといえる。こうした作品が世に出るようになったところに、民主主義国日本の成熟をみる向きは少なくないだろう。日本の国防と安全保障を考える人々、さらには現役自衛隊員、これから自衛隊員になろうとする人々のすべてが読むべき作品である。
(eブックランド)
元ルワンダ難民救援隊を指揮した連隊長と彼の幕僚、そして若葉マークの指揮官たちとの訓練・隊務を通じての厳しくも温かい交流を描いたものである。連隊長の、常に隊員の心を見つめ、徹底的に現場で確認する姿を見ると、実員指揮の極意は実行の確認にあり、部隊統率の極意は隊員の心を動かすことにあり、という言葉に説得力が感じられるであろう。(著者)

 

 

2004-2017 e-Bookland,Inc. All right reserved. サイトポリシー このサイトについて