ebook land 自力・自費出版サイト




お問い合わせ







Get Adobe Reader



ショッピングカートへ追加

タイトル The Great Journey-アンデスインカの末裔-(ザグレイトジャーニー アンデスインカノマツエイ)
著者 関野 吉晴(セキノ ヨシハル)
ジャンル 写真集
キーワード
ページ数 112
出版社 日本写真家ユニオン
価格(税込み) 840 円
消費税 62 円
ブックID EBLJPU9101100
フォーマット PDF
著者プロフィール
1949年東京都墨田区生まれ。68年一橋大学法学部入学。76年横浜市立大学医学部入学。一橋大在学中に探検部を創設して、71年アマゾン全流踏査体調として現地を巡る。
その後、20年間に30回、通算10年以上にわたってアマゾン川源流やアンデス、パタゴニア、アタカマ高地、ギアナ高地などを踏破。
武蔵野赤十字病院医師、多摩川総合病院外科医長として勤務した後、1993年からアフリカで生まれた人類がシベリア、アラスカを経由して南米最南端までに至った足跡を、自らの腕力と脚力を頼りに遡行する旅を始め、今年の2月、ゴールのタンザニア、ラエトリに着いた。
1999年 第3回植村直己冒険賞
2002年4月より武蔵野美術大学教授(文化人類学、人類史)
写真集に「グレートジャーニー・人類400万年の旅」第1巻~第8巻(毎日新聞社)、「人類五万キロの旅」1~15巻(小峰書店)など多数。
要約
冒険家・探検家と呼ばれグレートジャーニーが代名詞とも云える関野吉晴の「アンデス・インカの末裔」がEbookに登場した。南米アンデス高地(ケロ)に暮らす人々・風土を探検家ならではの出会いが捉えられた写真集である。
6月上旬、アンデス山中に3万人余の巡礼者たちが集まる、コイユリーテ「星と雪」の巡礼祭り。そして年に何度も移動するケロの住人たちの暮らしを追う。
自らの腕力と脚力を頼りの過酷なグレートジャーニーの途上に出会う人々へのカメラアイが暖かい。

 

 

2004-2017 e-Bookland,Inc. All right reserved. サイトポリシー このサイトについて