ebook land 自力・自費出版サイト




お問い合わせ







Get Adobe Reader



ショッピングカートへ追加

タイトル 堀田寿子 下巻(ホッタヒサコ ゲカン)
サブタイトル 落城の牡丹(ラクジョウノボタン)
著者 五味渕 恵(ゴミブチケイ)
ジャンル 文芸 歴史小説 幕末史
キーワード 堀田寿子、松平武聰、越智松平、浜田藩、石見国、美作、徳川斉昭10男、慶喜の弟、石州口、正室と側室、鞆子、順天堂、種痘
ページ数 212
出版社 eブックランド社
価格(税込み) 525 円
消費税 39 円
ブックID EBLF10032002
フォーマット PDF
著者プロフィール
幼い孫たちがシンデレラや白雪姫に夢中になるのをみて、日本にもお姫さまがいたことを教えようと筆を執った。
西南女学院短期大学卒。幕藩体制を生き抜いた女性に焦点をしぼり、執筆中。海外生活17年の経験を生かして、インテリアデコレータ。葛飾北斎の「牡丹に蝶」をあしらった表紙は著者のデザイン。
電子ブックと同時出版になった上製本(eブックランド刊 1800円+税)をご希望の方は、「デコール・ゴミブチ」のホームページ
 http://www.decor-gomibuchi.com/ からご注文ください。
要約
主人公の堀田寿子(ほったひさこ)は、幕末、老中堀田正睦の三の姫で、石見国の松平武聰に入輿。戊辰戦争の端緒となる石州口の戦で浜田藩は自焼退城する。この業を生涯背負って生き抜いた女性の物語。
下巻(8~15章)は、美作にて鶴田藩を立藩するも版籍奉還と廃藩置県になり、大名の奥方の身分を捨て、新しい明治の世を生きた主人公の喜怒哀楽の人生を描く。

 

 

2004-2017 e-Bookland,Inc. All right reserved. サイトポリシー このサイトについて