ebook land 自力・自費出版サイト




お問い合わせ







Get Adobe Reader



ショッピングカートへ追加

タイトル 屋久島-多様性の回廊(ヤクシマ-タヨウセイノカイロウ)
サブタイトル 10人の写真家が撮った日本 VOL . Ⅰ(ジュウニンノシャシンカガトッタニホン)
著者 水越 武(ミズコシ タケシ)
ジャンル 写真集
キーワード 屋久島、自然、原生林、写真集
ページ数 85
出版社 JPU編集委員会
価格(税込み) 840 円
消費税 62 円
ブックID EBL200001
フォーマット PDF
著者プロフィール
1938年、愛知県豊橋市に生まれる。東京農業大学林学科中退後、田淵行男氏に師事。山を主なフィールドに日本の自然、特に原生林をテーマとする。海外もヒマラヤなど高峰に挑戦。また熱帯雨林なども多年にわたり撮影。1991年には『日本の原生林』(岩波書店)で日本写真協会年度賞受賞。1994年『HIMARAYA』(講談社)にて講談社出版文化賞、1999年『森林列島』(岩波書店)で第18回土門拳賞受賞。写真展をドイツ、イタリア、オランダ、チェコなどで開催。
要約
屋久島はあらゆる面で多様性に富む島だ。山に登れば日本を南から北に旅するような多彩な植物相が見られ、亜熱帯から亜寒帯までの植生が島を包んでいる。そのうえ日本列島に存在する生態系で、屋久島で見られないものは湖沼以外にないと言われるほど、豊かな生態系に恵まれている。冬には日本最南端の雪が降り、移り変わる季節感にも恵まれて豊かな表情を持ち、多種多彩な命に出会うことのできる島である。
提携   協同組合日本写真家ユニオン

 

 

2004-2017 e-Bookland,Inc. All right reserved. サイトポリシー このサイトについて