ebook land 自力・自費出版サイト





お問い合わせ






ダウンロード
タイトル 列島改造論からアフリカ改造論へ 第3回最終回(レットウカイゾウロンから アフリカカイゾウロンヘ ダイサンカイサイシュウカイ)
サブタイトル アフリカは緑の穀倉地帯に変貌できる
著者 横山三四郎(ヨコヤマサンシロウ)
ジャンル 文芸 ノンフィクション 
キーワード アフリカ、難民、ゾウ、密猟、熱帯サバンナ、セラード、田中角栄、JICA,国際協力機構、青年海外協力隊、アフリカ縦断高速鉄道、アフリカ版ALSOK
ページ数 70
出版社 eブックランド社
予価(税込み) 0円
消費税 0円
ブックID EBLT16010502
フォーマット PDF
著者プロフィール
ジャーナリスト。山形県生まれ
『ペルシャ湾』(新潮選書)、『ブック革命』(日経BP社)、『ユーロの野望』(文春新書))、『ロスチャイルド家』(講談社現代新書)、『サン=テグジュペリ』(講談社火の鳥伝記文庫)、『ノーベル平和賞の超国家EUの知恵』(eブックランド)など著書多数。
2004年に電子出版社eブックランドを設立。
2015年アグリビジネスコンサルタント「グリーンアフリカ」を立ち上げてアフリカ支援に乗り出す。
要約
特別連載企画 最終回
自爆戦士と難民を輩出するアフリカを豊かにしない限り、悲劇は終わらない。そしてそれは可能なのである。壮大な改造計画は田中角栄によってブラジルから口火が切られていた。

「列島改造論からアフリカ改造論へ アフリカは豊かな穀倉地帯に変貌できる」
第4章 ゾウが教えてくれたアフリカの異変 中国の爆買い おそるべし
第5章 地球最後のフロンティアを拓く アフリカ縦断高速鉄道ほか
あとがき 日本の貢献の道

 

 

2004 e-Bookland,Inc. All right reserved. サイトポリシー このサイトについて