ebook land 自力・自費出版サイト





お問い合わせ






ダウンロード
タイトル 青春の花言葉(セイシュンノハナコトバ)
著者 真田 実(サナダミノル)
ジャンル 文芸 恋愛小説
キーワード 大学生活、コンパ、合ハイ、ダンスパーティー、二人の女との恋、クラスメートとの対立、六大根源欲望説、幸福論、生と死、運命の予兆
ページ数 200
出版社 eブックランド社
予価(税込み) 315円
消費税 23円
ブックID EBLK10101200
フォーマット PDF
著者プロフィール
大阪府出身
京都大学理学部卒
信託銀行定年退職後小説執筆
要約
女性コンプレックスが抜けきらない俺(二宮進)は入学式の日の通学電車内で目を合わせお互い意識しあった女子大生雅美との出会いがまさか運命的なものとは思わなかった。
入学直後のクラスのコンパの席で俺は岩手出身で三浪の加藤と喧嘩になり、敵対的感情を生むことになった。一方、春の女子大との合ハイでは雅美そっくりの多野真理子に一目惚れしてしまう。
夏山キャンプ場で仲間に、高校時代から模索してきた幸福論を話し、批判して貰う。秋、真理子達三人を仲間三人で京都の椛狩りに誘い、俺は真理子の虜になってしまう。冬、雅美と再度通学電車で乗り合わす事になって、俺が所属する水泳部のダンスパーティーに誘いデートする仲になったが、どうしても真理子を忘れられない。
翌年の夏、敵対する加藤を含む六人の級友で四国旅行をした時、面河渓で不思議な経験をした後、加藤が俺の命を救って呉れる事になる。その加藤が、三回生になる時の学科進級試験を欠席して北山に入って自殺した。原因を知っているのは俺だけだが、加藤の心を慮って秘密を守る。
男女交際に初な真理子とやっと文通が始まり、未来を感じ始めた俺に運命の女神の采配が下った。

 

 

2004 e-Bookland,Inc. All right reserved. サイトポリシー このサイトについて