ebook land 自力・自費出版サイト





お問い合わせ






ダウンロード
タイトル アッラーの大地にて(アッラーノダイチニテ)
著者 上村 茂(ウエムラ シゲル)
ジャンル 文芸 小説
キーワード リビア、砂嵐、海外工事、変電所、蜃気楼、イスラム教、ラマダーン、コーラン、砂漠、宗教、信仰、モスク、逃げ水、送電線、変圧器、バッチプラント、GMR
ページ数 287
出版社 eブックランド社
予価(税込み) 315円
消費税 23円
ブックID EBLF60215100
フォーマット PDF
著者プロフィール
1945年 茨城県生まれ。
1980代から1990年代前半にかけて約10年間、中東(イラク、リビヤ、オマーンなど)に滞在した。
著書にはイラクでの経験を記した「フッリーヤ二区」〈栄光出版社)。その他にアラブ関係雑誌などでの評論がある。
要約
1980年代末、リビヤ砂漠に眠る膨大な地下水を汲み上げる人造河川プロジェクトがあった。
主人公マサシはそのなかの変電所建設工事に携わりながら、同僚やアラブの人々の現場での日常生活を見る。それらを砂漠の風景やイスラム教などを背景に工事日誌風に小説としてまとめた。
日本企業が数多く受注したアフリカの砂漠でのプラント建設の貴重な記録になっている。

 

 

2004 e-Bookland,Inc. All right reserved. サイトポリシー このサイトについて