ebook land 自力・自費出版サイト





お問い合わせ






ダウンロード
タイトル 偏窟のすすめ(ヘンコツノススメ)
サブタイトル 偏窟文豪列傳(ヘンコツブンゴウレツデン)
著者 浜崎慶嗣(ハマサキヨシツグ)
ジャンル 文芸、評論
キーワード 夏目漱石、文豪、正岡子規、森?外、永井荷風、二葉亭四迷、稲垣足穂、落語、国語、漢字
ページ数 110
出版社 eブックランド社
予価(税込み) 432円
消費税 32円
ブックID EBLF15070700
フォーマット PDF
著者プロフィール
1932年 米カリフォルニア州フレスノ生まれ
2歳半のとき日本に移住して、鹿児島県南九州市の小中高に学ぶ。
1952年 中央大学法学部に入学。
1956年 卒業して樫田法律事務所に勤務。1962年 博報堂(瀬木プロ)勤務、東映動画勤務。
1966年 帰米して日本語学校共同システム勤務(土曜日 67-97年)
1969-97年 Union Bank(東京Bank)勤務。
1995-97年 「ひばり追悼公演」をプロヂュース、ロスの日本劇場にて上演。
日系マガジン「TVファン」にエッセイを書くほか、「羅府新報」に毎月30年間寄稿を続ける。
2013年11月26日 死去。
要約
著者、浜崎慶嗣氏は、国内と国外から日本を観察するという複眼的な視点をもった著述家である。若き日に日本で学び、後半生をカリフォルニア州のロサンゼルスで過ごして旺盛な文筆活動を行った。
独自の価値観で衣を着せず、闊達な文章で書き綴った日本の文物についてのコラム、評論には思いがけない新鮮な指摘があふれている。日本国内のしがらみと型にとらわれないで自由に書くことができたためだろう。
「偏窟のすすめ」はその一つで、晩年、いずれは本として出版したいものと自ら編纂して遺した。遺族の希望でeブックランドで電子書籍として陽の目を見ることになった。
著者によれば文学界の偏窟の御三家は横綱が夏目漱石で大関が森鴎外、そして永井荷風だという。行間の隅々にまで浜崎氏ならではの眼が光っており興味が尽きない。  

 

 

2004 e-Bookland,Inc. All right reserved. サイトポリシー このサイトについて