ebook land 自力・自費出版サイト





お問い合わせ






アクセスコード 3707135 をコピーして 次のダウンロードのページにお進みください。

ダウンロード

タイトル 成熟社会(セイジュクシャカイ)
サブタイトル これから百年の日本(コレカラヒャクネンノニッポン)
著者 谷 明(タニ アキラ)
ジャンル 文明評論 日本史 ノンフィクション
キーワード 成熟社会、コミュニティー、東日本大震災、原発事故、教育投資、リーダーシップ、 風景、景観、和風文化、世界戦略
ページ数 330
出版社 eブックランド社
予価(税込み) 840円
消費税 62円
ブックID EBLF11122000
フォーマット PDF
著者プロフィール
1943年広島生まれ。1945年8月6日、市内西部の古江で原爆に被爆、黒い雨を浴び原爆症を発症するが生き延びました。
国際基督教大学から東京都立大学大学院を経て、1970年10月から共同通信社の記者。カイロ、ローマ、高知支局長などを歴任。世界と日本の変容をつぶさに目撃し、取材し、報道しました。
2003年4月に定年退職後、広島に戻り両親の介護と地元大学の非常勤講師を勤めながらこの国の将来像を模索しています。

この本の感想、ご意見は成熟研究所(谷明代表)までお寄せください。
〒732-0806 広島市南区西荒神町1-29
電話082-261-6775
e-Mail:mig@mta.biglobe.ne.jp
要約
本書は衰退と低迷がつづく「失われた20年」の閉塞状態を打破し、これから百年にわたりこの国を作り変える大改造計画の提案です。21世紀の日本の課題は、社会的な均衡と平和を保持しながら安定した「成熟社会」への移行にあります。
それは経済成長神話からの解放、人々の間の断絶と格差の解消、重層的また多元的なコミュニティーおよび文化の発展継承と、美しい国土の回復をめざす社会です。東日本大震災の衝撃は、待ったなしにこの国の大転換の必要性を浮き彫りにしました。
日本は近代史上三度目となる大変革期にあります。第一は維新の文明開化です。第二の戦後の平和復興期には世界第二の経済大国に上りつめました。いずれも著しい成功を収めながら、その成功体験の「神話化」つまり軍国主義と成長神話の呪縛が破局と挫折を招いたのです。
本書は坂本龍馬の「船中八策」にならって、成熟社会に向けた八項目の国家改造計画を提案しています。

[成熟社会―これから百年の日本」は外交評論家、岡本行夫氏から「実に参考になる本だ」と激賞されて、同氏の写真入りの帯を巻いて2012年3月1日、紙本として出版されました。アマゾンのほか、全国の書店に配本されているので店頭でもお求めください。

 

 

2004 e-Bookland,Inc. All right reserved. サイトポリシー このサイトについて