ebook land 自力・自費出版サイト





お問い合わせ






ダウンロード
タイトル 白露の道(ハクロノミチ)
サブタイトル 黄春時代(コウシュンジダイ)
著者 明日葉 晴郎(アシタバ ハルオ)
ジャンル 文芸、小説
キーワード おとこ坂、出版、三代目社長、出張先、取引先、酒蔵の町、読み語り、帰還兵、故郷、歌、地域活動、同人誌、酒、医療、草花、道標
ページ数 0
出版社 eブックランド社
予価(税込み) 420円
消費税 31円
ブックID EBLF11101000
フォーマット PDF
著者プロフィール
・機械メーカー退職後、自営業を営む傍ら、時折執筆活動をしている。
・「陽炎のように」、「露草の花のように」等、随筆の著書がある。
また、別のペンネームで小説を書いている。
・京都府在住
要約
仕事の第一線から身を退いた人たちは……、退職後の平凡な日々の暮らしの中、この黄春時代をどう自己と向きあって生きていくのだろうか。
老境の入り口にあって、余生を気楽に過ごしたいと思う一方で、凡庸ではあるが自分の感性を大切に、永年培ったものを活かし、また新たなことにも挑戦していく……。
*処世に甘いけれども、前向きな、一人の男の生き様を描いた物語である。

 

 

2004 e-Bookland,Inc. All right reserved. サイトポリシー このサイトについて