ebook land 自力・自費出版サイト





お問い合わせ






タイトル 別れのときは詠って書いて(ワカレノトキハウタッテカイテ)
著者 みさき遊亀(ミサキユウキ)
ジャンル 文芸、歌集
キーワード 短歌、写真、風景、鎮魂歌、人生謳歌
ページ数 160
出版社 eブックランド社
予価(税込み) 630円
消費税 47円
ブックID CBJPEB1608151006
フォーマット LIBRIe
著者プロフィール
1945年国家公務員の父親の勤務地外地で出生。東京で政経雑誌社勤務中、美術月刊誌勤務の画家志望の寺の長男と結婚、爾来伴侶と各地を放浪、電気もガスもない原始的な生活を始める。伴侶、心身症で入退院を繰り返し仕事と看病で過労となり、倒れ、辞職、放送大学院で臨床心理学を学びながら、自然治癒の一環として歌を詠むようになる。伴侶逝去後は鎮魂歌多し。
要約
心身症で入院していた伴侶は、病院を抜け出して警察沙汰を起こしたりの典型的なトラブルメーカーでした。薬物療法中心のようでしたが、なにか他の療法はないものかと模索していました。
私は悩んだり悲しんだり・・、模索しながら、私自身のやり場のない思いを、拙いながら、短歌、川柳、俳句など詠っていくことにしました。元来楽天家でよく笑う性格です。大雑把でよくもの忘れもします。だから生きてこれたような気もします。

 

 

2004 e-Bookland,Inc. All right reserved. サイトポリシー このサイトについて